ベストオブ映画タイトル画面

日々、映画タイトル画面をアップローディングする作業に従事しているため、そろそろベスト映画タイトル画面を決定しなければいけないなという強迫観念にかられましては今回のブログを書く次第です。

 

映画タイトル画面というと、赤字ででかでかとそのタイトルを惜し気もなく披露している印象ですが、中にはアクロバットなタイトル画面も存在するわけで、今回は王道なものからアクロバットなものまで網羅した極個人的なランキングにしたいとおもいます。

 

10位 『暴力』
f:id:sholivia:20190409071031j:image

シンプルなタイトルが魅力的ですね。監督は吉村公三郎。暴力といっても、ジャーナリスティックに一歩引いた視点から暴力を描いた映画です。淡々と悲劇を描く様に、少し残酷な感じがしてやりきれない気持ちにさせられます。

 

9位 『赫い髪の女』f:id:sholivia:20190409071815j:image

監督は神代辰巳。『どてらい女』をバックにタイトルが出るまでの一連の流れが神がかっています。映画史に残るオープニングだとおもいます。オシャレなタイトル画面ですね。


8位 『XX 美しき獣』

f:id:sholivia:20190409072605j:image

ダサかっこいいタイトル画面。いかにも90年代Vシネって感じが最高です。監督は池田敏春。タイトルが出る際の効果音もバカバカしくて最高ですよ。本編も最高に面白いので一見の価値ありです。

 

7位 『日本沈没
f:id:sholivia:20190409114509j:image

かっこいいですよね。こんなのが大スクリーンに映し出されたら興奮してしまいますよ。監督は森谷司郎。言わずと知れた名作ですね。丹波哲郎の一世一代の名演が見られます。

 

6位 『子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる』
f:id:sholivia:20190409115722j:image

アヴァンギャルド時代劇の傑作。タイトル画面もぶっ飛んでます。監督は三隅研次三隅研次の狂気性が開花したシリーズ物です。

 

5位 『夜の片鱗』
f:id:sholivia:20190410150823j:image

桑野みゆきが夜の女を演じた中村登監督作品。ネオンに浮かぶ桑野みゆきに青字のタイトルがオシャレ。個人的に青字タイトルに弱いところがあります。

 

4位 『天使のはらわた 赤い教室』
f:id:sholivia:20190410151501j:image

天使のはらわたシリーズから。監督は曽根中生。シンプルで良きタイトル画面です。


3位 『ある殺し屋の鍵』
f:id:sholivia:20190410152353j:image

バックのおどろおどろしいデザインが魅力。ある殺し屋シリーズの二作目です。個人的に「Westrex」のロゴが入っているのもポイント高しです。

 

2位 『県警対組織暴力

f:id:sholivia:20190410152548j:image

これはもう満場一致でカッコいいでしょう。なにもコメントはありません。深作欣二作品。

 

1位 『吸血鬼ゴケミドロ
f:id:sholivia:20190410152704j:image

個人的にベストオブベストなタイトル画面。吸血鬼の「吸」の字が最高にクール。これ以上のタイトル画面にはまだお目にかかってませんが、色々深掘りして探していきたいです。

 

どうしても70年代の日本映画ばかりになってしまいましたが(その頃のタイトル画面がずば抜けてセンスが良いので)、海外作品なんかもご紹介できればとおもっています。